相続税の相談にかかる費用はいくらくらい?

相続税に困ったときの税理士相談の相場

相続税について困ったときにはプロに相談するのが安全策です。遺産が本当にこれだけなのかと不安になったり、相続税の計算や遺産分割の方法で悩んだりしたときにはプロに相談しましょう。最も専門性が高くて便利なのが税理士であり、税理士事務所に訪れて相続税についての相談だと告げれば基本的な段取りに従って速やかな対応をしてもらえます。
相談すると費用がかかるだろうと考えるでしょう。相談をして最終的な相続税の申告までを行ってもらった場合には報酬として相続額の0.3%から1%程度を支払わなければならないのが相場です。これに加えて基本料金として十万円から二十万円程度が上乗せされることが多いので注意しておくと良いでしょう。

相談や申告だけの場合には事情が異なる

税理士に相続税について相談して申告に至るまで全てを担ってもらうと報酬額も大きくなります。しかし、相談や申告だけに限った場合にはかかる費用も安上がりにできるというメリットがあるでしょう。申告のみの場合には10万円から30万円程度が相場であり、特に大きな心配はないけれど最後の申告の手続きが心配というときにはこれを利用するのも良い手段です。
一方、相談については内容によっては費用がかからない場合もあります。相続に関する小さな疑問点を解決したいというレベルの場合には無料相談を行っている税理士事務所もあるからです。専門性があまり高くない内容の相談であれば無料になる可能性も高いので、まずは税理士に連絡してみると良いでしょう。