相続税について相談するのにベストなタイミングとは?!

相続税相談を始めるのは早めがベスト

相続税についての相談を税理士と行おうというときにベストなタイミングはいつでしょうか。決まったタイミングがあるわけではありませんが、そう考え始めたそのときがタイミングと言うことができます。相続税対策は早めにスタートするのに越したことはないからです。計画的な対策ができるようにすぐにでも税理士に相談してみると良いでしょう。
相続税対策の基本は課税対象になる資産を減らすことです。一朝一夕にしてできる対策だけでは不十分であり、長期的な計画を持って行うのが効果的になります。もし相続税が高くなるかもしれないという不安を持っていたら、まだ若いうちからであっても対策を立て始めると効果的に節税を実現できるでしょう。

相続が決まってからでも対策可能

予め計画を立てておけば選択肢が多くて効果も効率も高い相続税対策ができます。生命保険や不動産投資、生前贈与などの様々な方法が利用できるでしょう。しかし、たとえ親族が亡くなってしまって相続が開始されたときであっても税理士に相談する意味があります。素人では気づかない節税を実現できる可能性があるからです。
相続にかかわる税制についてほとんど知識がない人が多いのは事実であり、相続が発生してから調べ始めてみると見落としがよくあります。控除制度の利用ができるのに気づかないというのはよくあるパターンです。また、不動産の評価額の計算を正しく行えずに無駄に高く計算してしまうこともよくあります。正しく相続税を最小にするのに寄与してくれるのが税理士なのです。